湯築(ゆづき)城跡  (愛媛県松山市道後公園)



 日程 : 2019年9月27日

 コース: 


 お薦め度: ★★    / 見学時間: 20分






この日訪れた湯築城は、源平合戦で源氏方についた河野通信が鎌倉幕府の
御家人として伊予国を任された時に築城したとされる。戦国期の1535年に
河野通直が二重の堀と土塁を巡らして現在の形を完成させた。
1585年、最後の当主通直は豊臣秀吉の四国攻めによって小早川隆景に
降伏し、400年に渡った河野氏の伊予支配は終わりとなった。湯築城は
その後福島正則が城主となったが、正則が国分山城に居城を移したのを
受けて廃城となった。なお、1602年加藤嘉明の松山城築城にともない湯築城
の資材などが再利用されたという。



 こちらは現在の湯築城址がある道後公園。









 水堀が二重にある(写真は外側)





 現在ある再現された建物はこの武家屋敷など









 本丸跡とみられる箇所にある展望台から松山城
 翌日は松山城を観光した。





ツチフォト城巡りトップへ


ツチフォトトップへ



inserted by FC2 system